建築探訪「養老天命反転地と南山大学」そして、伊勢神宮へ。

こんにちは。
先日、訪れた岐阜、名古屋、そして伊勢からのレポートです。

人生初めての伊勢神宮でした。
内宮は、早朝の5時から参拝可能でしたので、気合い入れて5時前に到着。
女性の方2人が先に並んで待たれていました。長崎から来られておりました。

何とも言えない清々しい場所の空気を感じ、浄化された気分を味わう。
写真は、ちょっと気が引けたので、撮りませんでした。

ただ、こちらはお店が並ぶ「おかげ横丁」の様子。
こんな街並みが持続されていて、タイムスリップ感を味わう。
新しく改修していると思われる建物もかなりの景観の制限のもとに設計されている様子。
a0188252_165513.jpg



こちらは有名な赤福本店。こちらは早朝から営業していました。
あんこが美味しい。ぜんざいもありました。
a0188252_1685922.jpg




今回は、一度行ってみようと思っていた「養老天命反転地」へも。
荒川修作とマドリン・ギンズの構想を実現した庭園です。
すり鉢状の窪地の中に9つのパビリオンが点在していて、いずれも感覚の不安定さを
体験できるような作り方をしている。
水平な部分がないので、休息はとりづらいです。
ディッシャーですくわれたアイスクリームのように削り取られた円形の丘がちょんまげの様に、
庭園を取り囲む山の尾根の上にのっかってます。
a0188252_1617074.jpg



この尾根部分には、実は登ることができて、単純に楽しめました。
a0188252_16204784.jpg


a0188252_16221189.jpg



道が狭い・・・。
a0188252_16224896.jpg


a0188252_16232676.jpg



どこまで続くのかなと進んでいくと、最後は行き止まりというオチ・・・。
a0188252_1624361.jpg




こちらは、「養老天命反転地記念館・オフィス」。
床を反転させた天井で錯覚現象をもたらす。
a0188252_16272275.jpg


a0188252_1627930.jpg


a0188252_16274024.jpg


トイレの天井には、卓球の台がある。
a0188252_1630783.jpg



そして、こちらは「昆虫山脈」。てっぺんには、水のポンプがあります。
水をもとめて、よじ登る姿が昆虫のようだ、ということらしい。
a0188252_16325389.jpg



これは、「極限で似るものの家」。
屋根が岐阜県の形をしていて、天井は、床面がそのまま反転されています。
家に置かれる家具や便器などが壁を貫通したり、天井に浮かんでいたりと
生活は不可能な状況の家が存在しています。
a0188252_16433884.jpg


a0188252_16435655.jpg


a0188252_16441336.jpg


a0188252_16444588.jpg



この黄色い入口の建物は「地霊」。
中は狭く真っ暗で、行き着く先の天井には、日本列島がお出迎え。
a0188252_1647463.jpg


a0188252_1647436.jpg


a0188252_16471646.jpg




以上、養老天命反転地でした。中央のくぼちの樹木が結構茂っていて、
すり鉢状の景観が分かりにくかったのが残念でしたが、良い運動となりました。


夜には、同じ養老町にある旅館へ一泊。明治時代からの建物で、大正天皇もご来館
されたそうである。
a0188252_16533310.jpg


a0188252_16542069.jpg


a0188252_16542242.jpg


a0188252_16553249.jpg


a0188252_16552326.jpg




さて、日を変えて、レーモンド建築「南山大学」へ。
坂道を上り、自然豊かな地に、なるべく自然を残しながら配置された学校。
レーモンドが教育環境を考えたなかで最高の環境を提供しようと試みたものだろう。
建物のところどころにレーモンド空間の醍醐味が感じられ、彼の死後に新しく増設されている
校舎もレーモンドの思想を受け継ぎながら、構成されているように感じた。
a0188252_17112879.jpg


a0188252_1705686.jpg


a0188252_1705092.jpg


a0188252_171343.jpg


a0188252_1752549.jpg


a0188252_1741512.jpg



こちらは体育館。構造体の絶妙な曲面が気持ちよい。
a0188252_172326.jpg


a0188252_173412.jpg


a0188252_173932.jpg


a0188252_175161.jpg



これは神言神学院。迫力のある建物だった。
中央の棟状の領域にヴォールト天井の屋根群が寄り添っている。
内部はステンドグラスから差し込む光が象徴的な空間であった。
a0188252_17103442.jpg


a0188252_17101377.jpg


a0188252_1795638.jpg


a0188252_17103868.jpg


a0188252_17105377.jpg





---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by dabura-dabura | 2014-01-07 08:00 | Comments(0)


建築家・DABURA.iの池浦順一郎です。


by dabura-dabura

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホームページ
at 2016-06-23 19:03
MANIX PARK リノベ..
at 2014-08-07 20:11
dezeen&designb..
at 2014-06-05 17:36
今更ながらも、せっかく撮って..
at 2014-04-29 18:57
五色の旗
at 2014-02-10 11:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
九州

画像一覧