<   2013年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

伝説の男 2013初秋

一年ぶり、いや二年ぶりかな?
帰ってきました、伝説の男・諸喜田真。
カザフスタンより、ビザ取得のための帰郷。故郷・沖縄からカザフスタンへの移動の途中で、福岡へ立ち寄っていただきました。(ブログ更新が遅くなったのですが、帰郷は9月でした。)

今回は、大学時の友達と、僕らが毎回、飲み会の度に研究室にお泊まりさせてもらっていた(勝手にですが)、多賀先生も交えての宴。

あいかわらず、カメラを向けると、ポージング。この自己主張は、昔と変わらない。
a0188252_19145731.jpg



アップ。おけけ。
※最近、熟年男性胸毛で検索をかけると、諸喜田真の画像がヒットする・・・。
a0188252_19162362.jpg



今宵は、伝説の男のリクエストで、ロシア料理をチョイス。
あえて、日本食を選ばず、自分の暮らす国で食べている料理で宴を設けることは、彼なりの「お・も・て・な・し」であろう。しかし、寒い国の料理だけに、塩気の強いものも多い。ポトフは、赤カブの甘みもでて、なかなか美味しい。
a0188252_19223071.jpg


a0188252_19231011.jpg



お店の人とも、伝説の男は意気投合。ロシア語を頑張って、使っている様子・・・。
a0188252_19245437.jpg



大学時代の恩師・多賀先生とも久しぶりの再会。
年の差なんて、ビクともしない伝説の男のマシンガントークが続く。
a0188252_1928482.jpg



一次会をお開きとして、いざ、多賀先生の行きつけのお店へ。
しかし、ロシア料理で長居し過ぎたようで、閉店だった。
ので、博多名物・屋台へ〜。
「もう、食べれん・・・」とさんざんロシア料理を堪能した後だったが、
ラーメンは別腹〜!!
a0188252_19322752.jpg




また、来年ねぇ〜。
[PR]
by dabura-dabura | 2013-11-27 19:34 | Comments(0)

建築探訪「霧島アートの森」

こんにちは。

少し足を伸ばして、鹿児島県は霧島市へ。
お目当ては、早川邦彦氏設計の「霧島アートの森」。
森の中に20を超えるアート作品が散りばめられている。
子供たちが公園のように遊び回る姿が気持ちの良い風景だった。

こちらは、メイン施設であるアートホールへのアプローチ。
端正が並木道がお出迎え。
a0188252_1717574.jpg



自動ドアを開けると、透明なダクトが天井に。チューブ感の演出かな。
a0188252_171930100.jpg



まだ、建物の全貌を見る前に、企画展示展へ。名和晃平さんの展示だった。
あいにく、写真撮影がNGだったので、ネットから拝借。
日常に存在するものに、通常あり得ないテクスチャーを貼り付けて、何だか未来的な装いに。
建築で使われる発砲ウレタンでの作品もたくさんあった。
a0188252_17235418.jpg



まずは、二頭の鹿に大小さまざまなビーズを貼り付けた作品がお出迎え。
触りたくても触れないもどかしさ・・・。ポコポコと音が聞こえてきそうだった。
a0188252_17244066.jpg



3Dモデリングした人間をデフォルメして、軟体人間をつくっている。
最近、お腹のお肉が気になっているので、妙なリアルさを感じた・・・。
a0188252_1730669.jpg



名和晃平さんを堪能したあとは、いざ、外の世界へ。
a0188252_17335182.jpg



半屋外の空間では、草間彌生さんのハイヒール。
a0188252_1735516.jpg



森の中には、たくさんの作品があるので、気に入ったものだけご紹介。
まずは、カサグランデ&リンターラの「森の観測所」。
白い壁に木々の影が映りこんで、動く墨絵のようでした。
a0188252_17484236.jpg


a0188252_1873376.jpg


a0188252_188114.jpg



そして、お次は、アントニー・ゴームリーの「インサイダー」。
階段をしばらく下っていくと、木々が乱立する広場が出現。
その中に、同化するように鉄の枝の人間が五体、隠れています。分かるかなー?
発見する楽しさもあり、面白い作品でした。
a0188252_1884915.jpg


a0188252_17553796.jpg


a0188252_1893743.jpg


a0188252_17563998.jpg



それから、こちらは、ダニ・カラヴァンの「ベレシート」。
地上から張り出したコールテン鋼のトンネルの先には・・・。
「初めに、神は天地を創造された」の文字とともに、まるで太古の風景を見ているようであった。
a0188252_1834261.jpg


a0188252_189484.jpg


a0188252_1844032.jpg


a0188252_1844611.jpg



一通り、アート作品を満喫したところで、やっと建物のお顔拝見。
んー、ズドーンとバズーカ砲のような建築。
緑の丘の上にシンプルなチューブ状の建築がのっかている。
明快で強い形だけど、周辺との違和感は、あまり感じられない。
外壁の仕上げが、細かなリブ状であることや金属色が微妙に光を反射したりで、
緩く溶け込んでいる感じだった。
a0188252_18144986.jpg


a0188252_1815352.jpg


a0188252_18153168.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
by dabura-dabura | 2013-11-27 18:19 | Comments(0)


建築家・DABURA.iの池浦順一郎です。


by dabura-dabura

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホームページ
at 2016-06-23 19:03
MANIX PARK リノベ..
at 2014-08-07 20:11
dezeen&designb..
at 2014-06-05 17:36
今更ながらも、せっかく撮って..
at 2014-04-29 18:57
五色の旗
at 2014-02-10 11:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
九州

画像一覧