建築探訪「霧島アートの森」

こんにちは。

少し足を伸ばして、鹿児島県は霧島市へ。
お目当ては、早川邦彦氏設計の「霧島アートの森」。
森の中に20を超えるアート作品が散りばめられている。
子供たちが公園のように遊び回る姿が気持ちの良い風景だった。

こちらは、メイン施設であるアートホールへのアプローチ。
端正が並木道がお出迎え。
a0188252_1717574.jpg



自動ドアを開けると、透明なダクトが天井に。チューブ感の演出かな。
a0188252_171930100.jpg



まだ、建物の全貌を見る前に、企画展示展へ。名和晃平さんの展示だった。
あいにく、写真撮影がNGだったので、ネットから拝借。
日常に存在するものに、通常あり得ないテクスチャーを貼り付けて、何だか未来的な装いに。
建築で使われる発砲ウレタンでの作品もたくさんあった。
a0188252_17235418.jpg



まずは、二頭の鹿に大小さまざまなビーズを貼り付けた作品がお出迎え。
触りたくても触れないもどかしさ・・・。ポコポコと音が聞こえてきそうだった。
a0188252_17244066.jpg



3Dモデリングした人間をデフォルメして、軟体人間をつくっている。
最近、お腹のお肉が気になっているので、妙なリアルさを感じた・・・。
a0188252_1730669.jpg



名和晃平さんを堪能したあとは、いざ、外の世界へ。
a0188252_17335182.jpg



半屋外の空間では、草間彌生さんのハイヒール。
a0188252_1735516.jpg



森の中には、たくさんの作品があるので、気に入ったものだけご紹介。
まずは、カサグランデ&リンターラの「森の観測所」。
白い壁に木々の影が映りこんで、動く墨絵のようでした。
a0188252_17484236.jpg


a0188252_1873376.jpg


a0188252_188114.jpg



そして、お次は、アントニー・ゴームリーの「インサイダー」。
階段をしばらく下っていくと、木々が乱立する広場が出現。
その中に、同化するように鉄の枝の人間が五体、隠れています。分かるかなー?
発見する楽しさもあり、面白い作品でした。
a0188252_1884915.jpg


a0188252_17553796.jpg


a0188252_1893743.jpg


a0188252_17563998.jpg



それから、こちらは、ダニ・カラヴァンの「ベレシート」。
地上から張り出したコールテン鋼のトンネルの先には・・・。
「初めに、神は天地を創造された」の文字とともに、まるで太古の風景を見ているようであった。
a0188252_1834261.jpg


a0188252_189484.jpg


a0188252_1844032.jpg


a0188252_1844611.jpg



一通り、アート作品を満喫したところで、やっと建物のお顔拝見。
んー、ズドーンとバズーカ砲のような建築。
緑の丘の上にシンプルなチューブ状の建築がのっかている。
明快で強い形だけど、周辺との違和感は、あまり感じられない。
外壁の仕上げが、細かなリブ状であることや金属色が微妙に光を反射したりで、
緩く溶け込んでいる感じだった。
a0188252_18144986.jpg


a0188252_1815352.jpg


a0188252_18153168.jpg



---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-11-27 18:19 | Comments(0)

開店!ウメ子食堂

こんにちは。

RKBラジオ「開店!ウメ子食堂」にて、DABURAを紹介いただきました。
スナッピー38期生の橋口さん、39期生の吉野さんに取材していただきました。
ダンボール家具についての取材でした。

カミカミ放送は、こちらで。
https://www.facebook.com/junichiro.ikeura

こちらは、取材風景。ダンボールの説明を少々。
a0188252_10561097.jpg



吉野さん(左)、少々口が開いちゃってます!
a0188252_10571860.jpg



放送の1時間前から、現地入りして、取材→原稿作成→放送の流れ。
こちらは、原稿を作成中の吉野さん。
a0188252_1059354.jpg



さて、本番。耳かき好きの僕には、イヤホンは少し大きめ。
a0188252_10574857.jpg


噛みながらも無事終了。記念品を頂きました。ありがとうございました!
a0188252_110761.jpg




---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-10-24 11:11 | Comments(0)

ダンボール事務所

こんにちは。

2013.10.18の西日本新聞の夕刊で紹介いただきました。
ありがとうございました。

ダンボールは、軽くて、組み合わせ次第でどんどん強くなります。
軽いので、一人での模様替えも可能です。
子供も安心して、使えます。

疲れて、ダンボール机の上で寝転がっても、頑丈ですよ。

加工しやすいので、色んなデザインの可能性があります。

a0188252_17361780.jpg


[PR]
# by dabura-dabura | 2013-10-19 17:37 | Comments(0)

さんかくづくし

こんにちは。

2階建てのテナントビルの竣工写真をイクマサトシさんに撮影していただきました。
三角形の敷地に、三角形のプラン、三角形の木格子、三角形の窓、三角形の外壁とさんかくづくしの建物です。場所は、福岡県の福間駅の真ん前です。テナントさんも募集していますので、ご興味のある方は、ご連絡ください!

下記、イクマサトシさんによるコメントです。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
イクマ サトシ
時の流れに街の様相は移り変わろうとも駅前の役割は変わらない。出かけるとき帰ってきたとき、おなじみのシンボルが見えるとホッとするよね。「サンカクの前で待っとって!」ここはおなじみの場所、おなじみの集合場所になるね、きっと。
さよならサンカクまた来てサンカク(設計:DABURA 池浦順一郎)

a0188252_1035298.jpg



a0188252_10355987.jpg


[PR]
# by dabura-dabura | 2013-09-24 10:36 | Comments(0)

大募集!

当方で設計させていただいている「Karuna」さんです。来春オープン予定の為の工事にご協力いただける建設会社さんを大募集しています!トータルビューティーサロンとして、美容室だけにとどまらない新しい魅力的な空間を一緒につくりましょう!数社による競争見積依頼になりますが、積極的なご参加をお待ちしています!興味のある方、ご連絡をお待ちしています。どうぞよろしくお願いします。

a0188252_19543925.jpg


a0188252_1954374.jpg


a0188252_1954176.jpg




↓下記は、クライアントからの募集要項です!

来春オープンに向けて見積もりに参加していただける建設会社(工務店)を募集いたします。

トータルビューティーサロン&託児所の融合店舗

場所福間駅周辺
土地面積78,8坪
建物面積 木造2階建約47坪
☆私たちが働く美容師、保育士、ネイリスト、アイリストの喜びを創造し、ここにご来店いただくすべての方々の笑顔をイメージし、一生懸命取り組んでいただける方を募集いたします。
★数社による競合見積もりになります★
詳しくは0940-51-6582(長内)までお願いします。
ご協力よろしくお願いいたします。
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-09-21 19:54 | Comments(0)

踏ん張る。

こんにちは。

昨年に引き続き、今回も応募していて、実は、明日、発表会があるのですが。
準備が追いついていない・・・。
頑張らないと!

a0188252_1520257.jpg


a0188252_15204887.jpg

[PR]
# by dabura-dabura | 2013-09-06 15:21 | Comments(0)

お知らせ

こんにちは。

お知らせです。今度、9/22に家づくりのサポート会社であります、
FORZA(http://www.forzakyushu.com/index.html)さんでトークイベントを開催します。

お茶を飲みながらのお気軽なイベントですので、お時間のある方は、是非、お越しください!

下記は、FORZAさんからのご案内文です。
↓こちらにアクセスいただいても結構です。
http://www.forzakyushu.com/blog/?p=3143

------------------------------------------------------------------------------------------------------------
9月に入りましたね。
今年は本当に厳しい暑さだったので、初秋の訪れを感じほっとしていらっしゃる方も多いのでは
ないでしょうか。

秋も深まる9/22(日)14:00~16:00 に 家づくりセミナー リノベーションカフェ を開催します!

今回はゲストに、DABURA主宰の建築家 池浦順一郎氏と インテリアコーディネーター、古宮幸子氏をお迎えします。5回目となる今回は、いよいよ家づくり、設計の際の重要なポイントのお話になります!

前半の「建築家がつくる家とリノベーション」での池浦さんのトークは、「スミツグイエ」についてお話しをしていただきます。 「スミツグイエ」とは一体どんなイエなのでしょう?


池浦さんは11年間設計事務所で再生建築の手法を学ばれ、新築・リノベーションどちらの場合においても独特の視点で設計をされてらっしゃいます。
古くなり使いにくくなった戸建ての場合、すべて壊して新築にする方法、全面改修をする方法、
どちらも有効な選択肢です。

親から子へ「家」を受け継ぐ場合、新築、全面改修どちらかを決定するまでには
親の思い、子の思い、家族の歴史、コスト面などなど、、多方面での十分な検討が必要です。
a0188252_1425651.jpg

Photo/イクマサトシ(TechniStaff)

再生建築の手法に長けているからこそ、新築・リノベーション両方の選択肢を公平に検討できるの
ではないでしょうか。「スミツグイエ」は再生建築によって、親から子へ「受け継がれた家」です。

なぜ新築ではなくリノベーションになったのか、再構築した部分と既存の部分がどのように融合
しているのか、構造、設備、デザインは・・?
そのあたりのお話をじっくり聞いてみたいと思います。

池浦さんはとてもお話が楽しい方なので、 難しい内容ではなく、わかりやすく楽しくお話してくださいますよ。
プロフィール写真でも楽しい雰囲気が伝わってきますね↓↓
a0188252_143435.jpg




そして後半は「暮らしの専門家 ワークショップ」
インテリアコーディネーターの古宮幸子氏です。
a0188252_144154.jpg



これまでのコーディネート数は600件を超えられるそうで、講師としても引っ張りだこの方です。

古宮さんと行なうワークショップは「自分のインテリアスタイルを見つけませんか」と題し、
フォルツァに山ほどある国内外のインテリア雑誌の切抜きを用い、自分だけのインテリアスタイル
ボードを作ります。
なんとなくはわかっている自分の好みですが、実際に作ってみると自分が思っていたスタイルと違う事も多いそうです。古宮さんにアドアイスをいただいたり、作ったボードを参加者の皆さんで見せ合いながら楽しく製作していきます♪

これから家づくりを考えている方は、自分の好みを知る良い機会になると思いますよ。
すでに設計中の方は、設計者に思いを伝えるプレゼンボードにしてみてはいかがでしょう?


自分の「好き」を知る事は、大満足の家をつくる第一歩です。
ご友人とご一緒の申し込みもOKです。 たくさんの皆様のご参加、お待ちしております♪

ご予約はお電話、092-715-6233(FORZA) 、またはコチラからお願いします。
※お席の関係上、10名様までとなっております。定員になりましたら、申し訳ありませんが
  お断りをさせていただいておりますので、お早目のご予約をお願いします。
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-09-03 14:13 | Comments(0)

建築探訪「嘉穂劇場」

いらっしゃあ〜い!

桂文枝さんのお出迎えで、福岡県飯塚市の「嘉穂劇場」へ。
昭和6年の建物で、木造2階建て。もともとは大正10年に木造3階建てのものが建てられていたが、火事で焼失したりなどで、現在のものが再建されているらしい。
a0188252_16584274.jpg




入口に入る。長い土間が続く。
a0188252_1715910.jpg




これは、1階の枡席。正面舞台に緩やかに勾配がとられていて、観客の見え心地を計算している模様。
a0188252_1725153.jpg




舞台は、廻り舞台になっており、1㎝ほどの目地があり、どのようにして回転するのだろう、と思いながら、舞台の下へ行ってみる。
a0188252_176617.jpg




奈落へ落ちてみる。ここから、頭を打たないように気を付ける。
a0188252_1754870.jpg




ずばり人力である。舞台下は、まさに縁の下の力持ち状態。何人もの男達が回している姿を想像してみる。
a0188252_1781359.jpg




この力棒を押して、廻すようだ。
a0188252_179216.jpg




迫りもあった。神輿のように担ぐのだろう。
a0188252_17101796.jpg




もう一度、1階へあがる。これは、いわゆる花道。
a0188252_17114714.jpg




演目によっては、このスッポンと呼ばれる穴から、幽霊などが登場するらいしい。
a0188252_1714696.jpg




こちらは、2階席。座布団の模様がさまざまで可愛らしかった。
a0188252_1714373.jpg




いろんな仕掛けがつくりだす空間構成が、妙にときめいた。いつか、このような仕掛けを用いた建築を考えてみたい。古い時代につくられた建物を訪れると、特にこのような劇場は、かつての繁栄した時代を想像し、大衆のエネルギーを感じることができて、とても楽しい。






---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-05-22 17:19 | Comments(0)

建築探訪「安養寺木造阿弥陀如来坐像収蔵施設」

こんにちは。

隈研吾氏作品の連続になりますが、こちらは山口県豊浦町にあります、
大きな阿弥陀呂来坐像の収容施設です。
a0188252_20345832.jpg




地域の塀などに使われていた版築ブロックで外壁がつくられています。
ブロックの奥行きが構造的なものもあろうかと思いますが、建物に重厚なたたずまいを与えています。
屋根は見事に薄いシャープな切れ味で、重さと軽さの対比が良かったです。
a0188252_20362731.jpg




ガラス越しに像が収容されている様子が見えます。(写真うつりが悪いですが)
a0188252_2039316.jpg




こちらは、天井。竹ですね。
a0188252_20404021.jpg




手触り感、大切にしてつくりたいですね。
a0188252_20413316.jpg





---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-05-14 20:43 | Comments(0)

建築探訪「川棚の杜」

こんにちは。

山口県下関市川棚町にて。隈研吾氏設計「川棚の杜」を見学。
モコモコと幼虫のような建築。
a0188252_1321546.jpg




風景になじむよう、内部に無柱空間の実現するため、段差のある敷地を解消するための
構造・形状のようです。
三角の面が構成する多面体の情景は、山並を抽象的に表現することを想起させてくれるものでした。
a0188252_1331094.jpg




こちらは、裏側になります。2層分の高さがあると、迫力が増しますね。
a0188252_13322813.jpg




こちらは、内部空間。
a0188252_13411438.jpg




鉄骨のジョイント。こういうのを見ると、やはり建築って、空想でなく、現実の感覚をもっていないと実現していかない、と思います。
a0188252_13415534.jpg





---------------------------------------------------------------------------------------
DABURA FUKUOKA OFFICEでは、オープンデスクを募集しています。
建築好きな方、興味のある方、ご連絡ください。
各プロジェクトのお手伝いをしていただきます。
お電話でもメールでも結構です。

↓連絡先
福岡オフィス
〒810-0022 福岡県福岡市中央区薬院3-7-16-402
Tel : 092-775-0887 Fax : 092-775-8087 
E-mail : ikeura@dabura.info
---------------------------------------------------------------------------------------
[PR]
# by dabura-dabura | 2013-05-13 13:47 | Comments(0)


建築家・DABURA.iの池浦順一郎です。


by dabura-dabura

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2016年 06月
2014年 08月
2014年 06月
2014年 04月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 05月
2013年 04月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 01月
2010年 12月

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

venusgood.com
from venusgood.com
venuscozy.com
from venuscozy.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

ホームページ
at 2016-06-23 19:03
MANIX PARK リノベ..
at 2014-08-07 20:11
dezeen&designb..
at 2014-06-05 17:36
今更ながらも、せっかく撮って..
at 2014-04-29 18:57
五色の旗
at 2014-02-10 11:56

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

建築・プロダクト
九州

画像一覧